マルタ

マルタの不動産に連絡しまくって家を2日で探した話。

どうも@Rongbrazilです。
この記事では僕が如何にマルタで家を見つけて節約したかを共有します。

この記事でわかること

マルタの家探し

まず留学で行くのではないので労働ビザ取得条件に住居を用意しなければいけませんでした。コロナのおかげで今安くなっているとは言え、それでもめちゃくちゃ高いです。
サンジュリアンやスリーマと行った場所は基本的に800~900ユーロはします。シェアハウスに住んで400ユーロほど。

でも僕が務める会社からは遠いので断念。
結果からお伝えすると

470€ Rent
10€ cleaning fee
25€ wifi
20€ Bills
合計 525€ (日本円で約6万6千円,,高い!)

しかし会社から徒歩5分という最強の立地と一人暮らしのスタジオです。
ここに決めた理由はまた後ほどまとめて記述します。

ここまで一人でできるようになるには最低限英語を少しでも話せておく必要があります。
日常英語を鍛えたいならアプリからでも簡単にできる方法がおすすめ。

マルタでなぜ住居が必要なのか?

マルタ就職、移住の手続きどうも@Rongbrazilです。 この記事では今まで紹介していたマルタでの移住の流れの続きを紹介。 マルタ就職後のビザ準備...

以前この記事を書いたのですがこちらはマルタに来る前の準備物になっており、
現地についてからはそれらの書類と賃貸の書類を合わせて持っていく必要があるため
入国してすぐに家探しが必要でした。

マルタの地域はどんな感じ?

ここでは紹介できないほどマルタには場所があります。いくら小さいと言えど住む場所に拘らなければ満足できる物件は沢山ありました。

個人的にメリットデメリットを紹介していきます。

賑わっているサンジュリアン

サンジュリアンには有名なパーチャビルというクラブ街があり、すぐ近くにショッピングセンターなどもあることからとても住みやすいです。便利で基本的にたいていのことは揃っています。

メリット

便利
大抵のことは揃う
学校に近い

 

デメリット

家賃が高い
食費が高い

大人の雰囲気のスリーマ

スリーマには岩でできた海のプールがあったり良い雰囲気のバーなどが多かったです。
サンジュリアンみたいに人が多すぎることもなく程よい感じで僕は好きでした。

メリット

落ち着いた場所
サンジュリアンに近く交通に便利

 

デメリット

家賃が高い
食費が高い

落ち着いているピータ

ピータはヴァレッタとスリーマの中間あたりに位置しています。
基本的に何もありませんがどちらにいくにも交通の便が良いです。

メリット

家賃が安め
車も人も少ない
道路に水がたまらない

 

デメリット

何もないから面白くない

歴史的建造物ファンにはたまらないヴァレッタ

ヴァレッタは都市全体が世界遺産に登録されている場所です。実際に周りをぐるっと歩いてみたり、中も歩いてみましたが圧巻でした。
昔にこんな要塞都市を築いたことはとても想像できません。

メリット

歴史的建造物に囲まれた生活
大抵のことは揃う

 

デメリット

家賃が高い
食費が高い

昔のヨーロッパがそのまま残っているパオラ

パオラという街は基本的に留学サイトなどで一度も見かけたことはありませんが不動産で家を探しているときに一度だけ訪れたのですが一昔前のヨーロッパの雰囲気がそのまま残っていました。またサンジュリアンなどに比べると車も比較的少なくおじさんやおばさんがくつろいでいてゆっくりとした場所でした。

メリット

落ち着いた場所
大抵のことは揃う
綺麗な街並み

 

デメリット

留学や仕事がない限りここには来ない
どこにいくにもバスなどが必須

マルタの一般的な住居は?

マルタの家探しで参考にしたのがMiyaさんの記事です。
自分でお部屋を借りてみたい

フラット

一般的な家のことで2部屋寝室があったりします。友達やカップルで住むには十分な場所です。
大体スリーマだと2部屋で800€ぐらいでした(2020/9月時点)

シェアルーム

フラットのうちの一部屋を借りる場合がいちばん多いです。
一人でフラットを借りようと思うと保証金などを含めて2000€ぐらいは必要になってきます。ただシェアルームの場合は400€ほどで借りられるのでおすすめです。
ちなみに留学で学校の量などに住もうと思ったら2週間で大体400€とかでした。

スタジオ

日本のワンルームマンションのようなイメージです。
キッチン付きの寝室とお風呂トイレ。1Kですね。

スタジオに住もうとしたらスリーマなどでは700€が一般的でした。
僕の場合はピータで525€なので日本円にして22000円ほど相場より安いです。

ホームステイ

ある家庭にお邪魔させていただくもので一人ではないので全然寂しくはならないのでしょうが僕は誰かと住むのがしんどかったので今回は最初から候補に入れてませんでした。
またマルタ人から英語を学ぶとイタリアとイギリスが混ざったようなアクセントでとてもきついです。

マルタで家を探す方法は?

マルタで家を探すのはどうすれば良いの?と聞くと100%の人がfacebookと言います。
日本もそうですが島国は若干大陸とは違う方法が取られることが多々あるなあと感じます。

Facebook

Expats in malta

Malta to let

Properties from Owner Malta

Direct from owner

Property direct from Owner

これら上記の5つのグループに加入して家を探している旨をかけば100件ほどメッセージが来るのでそれらひとつひとつ見て、気に入る物件があればそれらを内見して契約するという流れになります。
ここで大体エージェントが連絡をしてくるのですが外国人である私たちからすると現地の物件所有者の連絡先を手に入れるなんて基本的に不可能なのでエージェントを通さないわけには行きません。(オーナーから連絡来ることもありますが)

エージェントに支払う手数料は大体50%なので600€の家賃だと300€支払う必要があります。

ちなみに僕も依頼を受け付けてます。
基本的にどの地域でも可能で手数料は翻訳等も含めて30%です。

不動産訪問

不動産を尋ねていくわけですが不動産の人も結局facebookページに投稿しているので最初からFacebookで探すのが手っ取り早いかと思います。

まとめ:マルタで就労ビザのために家を速攻探した話。

とにかく悩んで財布とも相談しました。でも実際にネット上で家の雰囲気が良くても周りの家のガラが悪かったりしたら最悪ですよね。家を決める際に一番良い方法は歩き回って現地の情報を自分で確かめることでした。
雨も降っていたので中々散策できないこともありましたが
結局3日間で20キロぐらい歩きました。

また僕の場合は勉強しにきたわけでもなく、クラブなどに遊びに行くわけでもありません。
そのため近くに会社とジム、そしてスーパーやコンビニのある場所に決めました。

コンビニ 徒歩1分
会社   徒歩5分
ジム   徒歩10分
スーパー 徒歩10分
レストラン徒歩10分
バス停  徒歩7分

家賃525€
一人暮らし

 

これから就労ビザの申請で予約した日程まで時間がまだまだあるのでマルタの散策やブログに活用していくので参考にどうぞ。

飛行機節約はスカイスキャナー
宿泊費節約はworldpackers
食費節約は自炊で頑張りましょう!

マルタに就職したい方はこちらを参考に。

マルタ島に留学せずに移住を考えてみた件についてマルタに留学や移住を考えている人のために日本でマルタ就職をした方法やメリットを記述。参考までにどうぞ...

英語を話したいなと考えている方はこちらを参考に。

dmm英会話とかはどう?英語の一番の近道はこれ:バブーーみなさん。英語、どうですか? 私の周りではみんな口を揃えて 「英語どうやって勉強したん?」 「どこで勉強したん?」と聞いてきます。...

 

 

ABOUT ME
ロンさん
ブラジルが好きでブラジルに良く行きます。ポルトガル語なども呟いてます。現在は翻訳やデザイナーとして生計を立てています。