英会話

海外転勤、就職の前にやっておく英語

どうも@Rongbrazilです。
この記事では海外就職を決めて現地に向かうまでに行っている英語の学習方法を紹介。

この記事でわかること

海外に向かうまでに行うべきこと

海外で働くのに英語が話せなかったら心配、、、?

海外に転勤すると言葉が通じるか不安な方は結構います。
僕も何人か海外駐在の方と出会ってきましたが彼らは全員翻訳する人がついていました。

でも彼ら全員に通じるものはみんな家庭教師などを雇って勉強に励んでいたことです。
それができるのは皆「駐在」だからです。現地採用などだと厳しく、海外企業で働くとなるとそんな支援があるのはほとんどと言ってないでしょう。

今回は出国する前にできる準備方法を色々とご紹介いたします。
「勉強をする」のではなく、楽しみながら英語に触れていくことを目的としているので
勉強が嫌いというあなたにはぴったりかと。

本を聞き流す

何度か記事でも紹介しているのですが僕は普段から英語の本を聞き流しています。

Audibleはアマゾンの数多くある商品の中から選択できるため自分の好きなカテゴリーで始めやすく続けるのも難しくないでしょう。

Blinkistは僕の苦手な「要約」の学習に使用しています。
元々はイギリス英語に慣れるために使用していたのですがAudibleの方が種類が豊富なので毎日聞くと半年もすれば全て聴き尽くしてしまいます。
しかしこのBlinkistは英語の本の要約をメインに取り扱っているので英語の論文を書くのが必要な方にはめちゃくちゃいいかもしれません。

ドラマで英語に触れていく

Amazon Primeはあなたもお馴染みのアマゾンのサービスです。
僕は6年ほど前から使っているかな、、?
その時はネットフリックスなんてあんまり浸透していなくてアマゾンビデオばっかりみていました。
なお母が間違えて有料のビデオをみてしまった時はカスタマーサポートの人がすぐに対応して返金までしていただけました。

 

U-NEXTは韓国ドラマやアニメが目立ちますがU-nextにしかないドラマもあったりするのでお好みでどうぞ。

現地の人と触れていく

イククルでは日本国内で検索結果をフィルターにかけることで多くはいないでしょうが探すことは可能です。

TindertMeeefは言わずと知れたマッチングアプリで課金すれば場所を変更して現地の人と友達になることができるのでおすすめです。

海外に向かう前にやっておく英語関連まとめ

僕は普段から彼女と英語で話しているので特に相手を探していることなどはありませんが英語に不安のある方は予め準備しておくのがいいでしょう。

その中でも僕個人的にいちばんのおすすめはAudibleかBlinksitです。
マルタに行くのでイギリス英語や要約に触れておくためにBlinkistを使用していますが種類が豊富な方が好ましいという方はAudibleがいいでしょう。

 

ABOUT ME
ロンさん
ブラジルが好きでブラジルに良く行きます。ポルトガル語なども呟いてます。現在は翻訳やデザイナーとして生計を立てています。