旅行

ニート生活 in セルビアがオススメな理由

セルビアってみなさんご存知ですか?

超マイナーな旧ユーゴスラビアの一国家です。確か1990年代は戦争どんぱちやっていて周辺国で若干いがみ合ってるような東欧の小国です。

実は私セルビアの第一都市ベオグラードと第二都市ノビサドに計1ヶ月程度ニート生活のために滞在していたことがあるんです。ニートと言っても言語・文化的にかなり異なるのでどっちかっていうとニート(サバイバル)生活って感じではあります笑。

そうはいっても私的にはセルビアは割と美味しいポジションにあると思うので英語と絡めてお伝えしたいと思います。

DMM英会話で有名なセルビア

まず何と言ってもセルビアといえばDMM英会話だと思うんです。私も正直DMM英会話を始める前はセルビアってなんだ?どこにあるんだ?状態でした。

DMM英会話をやってる方はわかると思うんですが、先生の大半はフィリピンかセルビア出身ですね。なので、2年ほど毎日DMM英会話を続けた私にとってはセルビアはどんな国か先生との会話を通じてだいたいわかっていました。

英語も東欧ではかなりうまい方で、欧州ではイギリス英語やそれぞれの自国アクセントの英語がかなり多いんですが、セルビアはアメリカのドラマや映画を違法ダウンロードして見るのが流行っているらしくほぼみんなアメリカ英語でした。

イギリス英語や鈍っている英語が理解できないという方にとってはセルビは居心地いいと思います。ただ街を歩けば当然話せない人も年配の方を中心にかなりいるので、積極的に英語を話せる人を探しに行かないとダメですね。

ノビサドのイベント&美しい景観

残念ながら私は時期の関係で参加できなかったんですが、セルビア第二都市ノビサドには欧州No1の音楽フェスがあります。

ベルリンやロンドンではなくノビサドがNo1なのは若干驚きますが、紛争で抑圧されていた大学生がフェスを自分たちで始めたのがきっかけで抑圧されたエネルギーが爆発して時間をかけてどんどん規模が大きくなっていったそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=MFd18sF8CNU
約30秒の所に現れるオレンジ色の建物に私は宿泊してました笑

EXIT以外でもノビサドは非常に美しい都市です。

とは言っても特にすることはないので、洋梨を格安で市場で手に入れて、レストランで美味しいパスタを500円で注文して、ウィスキーダブルをロックで500円で注文して嗜むくらいしかできません。それでも楽しいです。

街並みはこんな感じです。

https://www.instagram.com/p/B1lEaqdoe1D/
https://www.instagram.com/p/BwPNQ_OAMB5/

あとお土産としては石鹸がいいですね。街中に1つだけ石鹸のお店があるんですが、そこの石鹸すごくいいです。ぜひ探してみてください。

ベオグラードの水上ナイトクラブ

第一都市のベオグラードは何と言ってもクラブが有名です。

私はクラブが好きじゃないので、クラブに滅多に行きませんが、夏シーズンには川辺でパーティしまくってます。

水上の船でめちゃくちゃパーティできます。水上ナイトクラブです。東欧のバンコクだとか東欧のベルリンとか呼ばれるくらいクラブが流行ってます。しかも激安です。さらにどこからお金が出てきておめかししているのかわかりませんが、女性は映画に出てくるような気合の入った美女が多めです。

ベオグラードには地下鉄はないので、バスに乗るか徒歩がメインの移動手段ですので宿の位置は非常に重要です。

ホステルで一晩1000円程度でエアビーであれば3000円程度です。多少高くても2週間も滞在しないのであればエアビーをおすすめします。

格安のレストラン

基本1000円は超えないと思います。よっぽど大量に頼んだり、高級な所に行かなければ。普通におしゃれなレストランで高めのパスタ頼んでも800円くらいまでが限界だと思います。

しかも1ディナールがほぼ1円なので脳内計算する必要がないです。パスタが500ディナールだったら日本円で500円です。

私のお気に入りの料理はセルビアンバーガーです。ハンバーガーが出てくると思って注文したらステーキが出てきた事案です。別にセルビアン感はないですね。

https://www.instagram.com/p/B1jvpDmIFIu/

私の一番のお気に入りのカフェはAviatorです。コーヒーを頼むとめちゃくちゃでかいのが出てくるので長居できます。しかも卵料理がめちゃくちゃうまいです。

https://www.instagram.com/p/BuLfR2SlG2V/
これ本当にうまいです。

シェンゲン外だから気楽

さらにセルビアはEU加盟国でもシェンゲン加盟国でもないので、EUにビザなしで長期滞在したいけど3ヶ月シェンゲン外にいないといけないという時に役立ちます。

ボスニア・ヘルツェゴビナとセルビアで3ヶ月過ごせばまたシェンゲン圏に入れるようになるはずです。


私は下手に留学行くよりも完全にサバイバルな長期旅行をオススメします。というのも英語もできないのにいきなりセルビアに飛んで1ヶ月も生活すれば、生きるために英語を話さざるを得ないからです。

恥ずかしいとか間違えたらどうしようとか思わなくなります

ご飯が食べたいと思ったら自分で注文するしかないんです。さみしいなと思ったら自分でネットで友達探すなり道端やバーで友達を作るしかないんです。

黙っていたら誰も助けてくれません。

私はこういう風に英語を学んだのでできなかったらどうしようとか発音が下手だったらどうしようか一切思わなくなりました。私が望む物資や友情が手に入るんだったら、全力をつくしそれを手に入れて満足する方を選択します。

留学だとできなければ甘える人が多いので結局数年たっても英語ができない人が多々発生すると聞いています。

ポケットに30万円あるんだったらフィリピン留学に1ヶ月行くのではなくてセルビアで1ヶ月サバイバルしてみませんか?

ABOUT ME
放浪者
旅したくない旅人です。 英語の勉強をいくら頑張っても一向に伸びなかったので英語の勉強やめたら話せるようになりました。 東京IT勤務→海外移住→旅に出る→ウクライナ・リヴィウ