留学

フィリピン留学いって英語できるようになった人を見たことがないので調べてみた件

友人やツイッター住民がよくフィリピンに短期留学して意気揚々と旅立っていく姿はよく見かけます。

フィリピンでそこそこ頑張って「何言ってるかはわかるようになった!」と結構英語できるようになった感を出して帰ってくることがよくあります。

それに対して非常に大きな危機感と疑問を抱いた僕は、とりあえず実態を調査する前から軽めにディスっていくことにしようと思った次第です。

注意:基本「いや、フィリピン留学なんて行かなくていいだろ」スタンスです。

僕は個人的にフィリピンに2度旅行で訪れたことがあり、大量に現地のフィリピン人とフィリピンの英語教師と話した経験があります。

フィリピン留学の実態

問題点1:低レベルな英語水準

これに関しては当たり外れがきっとあるので「非常に高レベルな先生に出会って本当に勉強になった!」と主張する人も数多くいると思います。

ただ、やはり高い英語水準の人材はかなりの高等教育を受けた人材に限られる傾向が強いと感じます。

マニラでフィリピン大学の卒業生と友人になった時は、彼らの英語に問題を感じることは一切なかったです。

ただ、直接留学に行った元生徒の話を聞く分には、そもそも正しい英語を話せていない先生も非常に多いようです。

決して理解できないわけではないんですが、フィリピン英語の域を出ない英語だと思います。

先生の大半が実際の英語圏に留学に行ったことがないはずなので、当然と言えば当然で、フィリピン独自の英語でない方がむしろ違和感を覚えます。


問題点2:フィリピン訛りの英語

正直にいうと僕は英語の発音なんて全く気にしなくていいと思っている側の人間なので、フィリピン英語であろうが、アメリカ英語であろうが、ジャパニーズ英語であろうが意思疎通ができる限りは何の問題性も感じません。

以前フィリピン留学をしていた方とサンフランシスコに共に出張に行った際に、フィリピン英語とかなり違って聞こえるし、アメリカ人の発音が良すぎるので何を言ってるのかわからないと言われたことがあり、割と衝撃を受けたことが記憶に新しいですね。

https://youtu.be/LS6SWGcfFSY?t=70
フィリピン英語
https://youtu.be/ZdoB1hQTcFE?t=133
フィリピン訛りはやっぱりある

自分の発音は矯正する必要性は感じないですが、相手の発音が理解できないことは英会話においては致命的ダメージを受ける(ハブられる、相手にされない、嫌な空気が流れる等)こともあります。

将来的にフィリピン人と深い関係を築いて行きたいのならまだしも、アメリカ人やオーストラリア人との交友を深めたいと思っているのであれば、むしろフィリピンで英語を勉強する時間は弊害にすらなりえます。


問題点3:ワンツーマン英会話の弊害

実際にある程度話せるようになって実践の場で英語を使うようになってみないと気づきにくい問題なんですが、ワンツーマンで話す英語とネイティブの会話にジョインする英語とでは天と地ほどのレベルの違いがあります。

ここにジョインできますか?

外国人の友達に日本語を話すときと、日本人の友人に話すときの自分の日本語に注目してもらえればわかると思うんですが、外国人にワンツーマンで話す場合、よほどのことがない限り気を使ってわかりやすい語彙でゆっくり話す人が大半です。

フィリピン留学でもワンツーマンを唄っている学校が多いのですが、これははっきり言って遊び半分でぬるま湯に浸かった状態で英語をやってるフリをしているのと変わりません。

一度外国人の多いHubとかに行って外国人グループにHiって声かけてみてください。どれほどの壁が目の前にあるかわかっていただけると思います。

フィリピン留学しちゃう人の問題点

問題点1:行けばなんとかなると思ってしまっている

フィリピン留学に行く人の大半は英語を全然理解しないで留学という選択肢をとっている実態があります。ある程度英語は話せるけども、シチュエーション毎に正しい発言をしたいからフィリピンに留学に行くんだという人を見たことがないですね。

https://www.youtube.com/watch?v=hoBx9K2Uu3c
全然英語できずにフィリピン留学した例

ネット住民や知人の話なので、もちろん全員ではないんですが、基本的には「英語全然わからないから、フィリピンに留学言ってペラペラになって帰ってくるぜ」スタンスの人が多いです。

はっきりいうとなんともなりません。


問題点2:ぬるま湯であることをわかって、そこを選択している

海外転勤の駐在員は英語ができなければ仕事にならないケースが多く、きちんとコミュニケーションが成立する英語力を身につけていることが多いです。

短期留学の場合、英語ができなくても誰にも迷惑をかけませんし、(厳しい学校はあると思いますが)毎晩外で遊んでいても基本的には問題ないはずです。

英語ができない上に、自分を厳しい環境に置くという決断すらできていない状態で中途半端な英語を学んでいる訳です。

単に1ヶ月リゾート地で遊んでた方がいいんじゃないかと思うくらい無駄な行為にしか見えません。

コストに大差がないなら、リゾートで外国人の友達作る方が楽しくないですか?

日本で出来ること

フィリピン留学に行きたければ、行けばいいんですけども、英語を学びたいのであれば、僕は日本で学ぶことを強くオススメします。

利点1:自分本位

留学に行った場合は英語の学習が必然になり、強制される対象になってしまうんですが、強制されればされるほど習得が遅くなります。

面白いから学ぶことと学校で学ばされることだと情熱の感じ方が違います。

自分が好きな方法で、自分の好きな芸術活動や社会活動を通して英語に触れることが出来るので、日本で外国人との接触回数を自分から積極的に増やして行く方が楽しいです。

利点2:学習が容易

フィリピンに留学した場合、わからないことがあればそれについて質問できる相手は基本的に学校の先生や、学校の同期に限定されてしまいます。

フィリピンの現地の友達を作って質問することも可能でしょうが、基本的には先生に聞くことになると思います。

日本で自分本位に英語を学んだ場合は、誰に質問しても問題になりません。バーで作った外国人の友達、日本語でかかれた参考書、英語学習系ブログ、言語学習系の電子掲示板等、お金をかけずに質問できる方法はいくらでもあります

しかもほとんど全て日本語を通して学習できます。

利点3:増える在日外国人とオンライン英会話

10年前までは街中で外国人の友人を作るのは非常に難しかったんですが、最近は東京都内であれば非常に簡単にできます。

出会い系アプリや言語交換サイト、あるいはバー(特にSpeakEasyとHubが最高ですね)なんかに寄ればすぐに打ち解けることができると思います。

友達と話す場合はお金はかかりません。

オンライン英会話に関しても1回の授業(約30分)につき200円前後くらいしかかからないことも多々あるので、長いスパンでゴールを設定するのであれば金銭的な負担もほぼかけないままに英会話の学習が可能な時代になっています。


まとめ

僕はフィリピンに留学するくらいなら日本のバーでお金使った方がいいと思いますよ。

フィリピン留学行きたい人に必要なのは、フィリピンの英語ではなくて、どうすれば英語が話せるようになるのかアドバイスを受けることであって4週間の詰め込みの英語教育ではないと硬く信じています。

ただ、ある程度英語を話せるけどもスキルアップしたいという方は短期で1日8時間スピーキングを30日ほどやれば驚くほど伸びると思うので、そういう特的の目的がある方にとってはフィリピン留学は素晴らしいものになると思います。

 

ABOUT ME
放浪者
旅したくない旅人です。 英語の勉強をいくら頑張っても一向に伸びなかったので英語の勉強やめたら話せるようになりました。 東京IT勤務→海外移住→旅に出る→ウクライナ・リヴィウ